女の子の日でも大丈夫?風俗求人の生理休暇について

女の子の日でも大丈夫?風俗求人の生理休暇について書きました



働きたいデリヘル嬢

デリヘル嬢の中には、なるべく効率的に働きたいと思っている方も多いので、生理中だとはいえなるべくデリヘルのお仕事を休みたくないという方も多いと思います。一般的にデリヘル嬢として仕事に支障がないと思われる体調まで回復するのには1週間くらいの休みを取る必要があります。

しかし休んでいる時期はお金を稼ぐことができませんので、たくさん稼ぎたい方は一日でも早く復帰したいと思っていると思います。中には生理の出血を海綿などで抑えて出勤するデリヘル嬢などもいますので、本当に休みたくないという方がデリヘル嬢には多い事がわかります。

本当に生理休暇を取りたくないという方が利用しているのがピルなどの薬です。ピルなどの薬を使う事で生理をコントロールすると同時に辛い毎月の生理痛の痛みから逃れる事ができます。もちろん生理休暇を使って休む必要が無くなりますので、毎月しっかりとソフトに入る事ができます。

ピルは妊娠を防ぐ役割もあります。色々なお客様のいる風俗です。もちろんデリヘルは本番禁止ですので妊娠する事は有りませんが、万が一の事態に備えるのもデリヘル嬢として重要になります。お給料だけでなく自分の将来を守る為にピルを服用する事をおすすめします。

生理休暇の長さ

お客様とデリヘル嬢の間のトラブルに発展してしまう可能性の高い生理ですので、生理中にはしっかりと休まなければいけません。しかし、生理中の辛さは人それぞれですので、一般的にどれくらいの期間を生理休暇として休んでよい物かわからないと思いますので、こちらでは、生理休暇の日数などについてご紹介します。

生理は体調によって直ぐに収まるのか少ない血が中々治まらずに長くかかってしまう場合がありますので、生理休暇はその人の体調による物というのが大前提です。そのため、生理休暇は平均すると4日から5日くらいが多くなっております。

もちろん7日以上もかかる方もいらっしゃいますので、一概には言えないのですが、生理中に働けないとなると、他の日にその分働かなければいけなくなってしまいます。これは、お店側から要望されるだけでなく、デリヘルというお仕事が働いただけお金を貰う事ができますので、休んでいたらお金を貰えなくなってしまうからです。そのため、デリヘルで働く場合には、最初にいくらくらい稼ぎたいのかを決めたら、生理中に働けない日数を引いた日数の中から予定を決める必要があります。生理が毎月定期的に来ない方の場合には、前倒しでシフトを入れるのがおすすめです。

一般的な生理休暇

デリヘル以外の一般的な会社でも生理休暇は認められています。それは労働基準法で定められているものであり、生理日において働くことが困難な女性の休暇請求は受理をしなさいといった内容となっています。法律で定められているものなので安心して休暇をとる仕組みはできているのです。それでもあまり耳にしないのは生理休暇が申告制であるためです。

その為、デリヘル業界においても当たり前のように生理休暇は定められていて、決して特別な物では無い事を頭にいれておいてください。もちろんおさわりの禁止なオナクラであったり、下半身に触れるのがNGになっているおっぱいパブやピンサロの場合には、生理痛がそこまで激しく無ければ働けたりもしますが、デリヘルの場合には、女性器に触れたりする事ができるのを売りにしている部分もありますので、オナクラのように簡単な問題ではありません。

風俗は様々なフェチの方が集まる業界です。中には生理中の女の子に興奮するような男性もいらっしゃいます。そういった男性の場合には、生理中であってもクンニを希望される場合もありますが、大抵の男性客の場合には、生理中の女性の女性器に触れる事を良く思いません。そのため、お店側もトラブルを避けるといった事もあり、生理休暇を導入している風俗求人が多くなっております。

風俗求人の生理休暇

風俗はオナクラなどの直接男性に触れないような特殊な風俗ジャンルは別にして、ほとんどの風俗で男性の身体に触れ、自分の身体に触れられるお仕事ですので、精神的にはもちろん肉体的にもストレスが溜まってしまう可能性のあるお仕事です。そのため、他の業種にはない珍しい休みがあります。

風俗ならではの休みとしてあまり認知度が低いかも知れませんが、多くの風俗嬢が使っているのが生理休暇です。この生理休暇とはその名の通り、生理になってしまった時に使う休暇で、毎月決まった時期に整理が来る方は問題ないのですが、風俗嬢の方の中でも生理不順の方は少なくありませんので、急に生理が始まってしまった場合にはこの生理休暇を使ってお休みをしているのです。

男性客の中には一か月前から予約をしているような方もいらっしゃいますが、生理休暇の場合には、キャンセルになってしまいます。デリヘルなどは本番はありませんが、女性器の中に指を入れたりクンニをしたりなど女性器を使ったサービスもありますので、生理中にはサービスが出来ないのは当然です。

一般的には定番になっている生理休暇でも風俗求人に記載されている会社と記載されていない会社がありますので注意が必要になります。こちらのページでは、生理休暇のある風俗についての情報の他に、これだけは押さえておいて欲しいという勤務内容についてご紹介します。これからデリヘル嬢になろうとおもっている方は、ぜひチェックしてください。